不倫の詩:後悔する詩

後悔なんてしない


目に見えないところでたくさんの人を傷つけた
分からないところで、でも、傷つけた

共犯みたいな意識が二人の絆を一層強くした。

もしやり直せるのならば、きっとこんな恋は選ばなかった。

でも、もうこうなってしまったのならば
今となっては後悔はない。

今の私をつくったのは、あなただから。
この経験で見えるものもあるから。

だからこそ、奪ったりしない。
だからこそ、そっと愛す。

こんな気持ちもあるんだと、
知ることができた。
だからこそ、人に優しくできる。

両極端の不安定な気持ちが今日も疼くよ。

でも・・・人を傷つけたからこそ
もう、傷つけない。

次はそんな恋をしようと
ひとり
心のどこかで決める。

誰にも気づかれないように。